メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

/8 街の空気感、設計に生かし

紅白梅図屏風をもとにデザインした御谷湯のモザイクタイル画=東京都墨田区の御谷湯で、川畑さおり撮影

 高い天井に、たくさんのカランやタイル。銭湯の空間は独特で、特殊な建物だ。子どもからお年寄りまであらゆる世代を対象にした施設であるがゆえの難しさもある。店の個性やその街の「空気感」を生かした銭湯設計を手掛ける東京都港区の1級建築士、今井健太郎さん(51)は、デザインを通して銭湯の魅力を発信している。

 ●コンセプト大切に

 海水魚が回遊する水槽や植物を取り入れて施設全体を地球環境に見立てたもの、大正ロマンをイメージした内…

この記事は有料記事です。

残り1682文字(全文1892文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです