メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 富士山の噴火に備えたハザードマップの改定作業が今年度から始まっている。これまで知られていなかった富士山噴火の痕跡が近年、次々と見つかっており、国や山梨、静岡、神奈川3県などは2020年度中にも中身を更新する予定だ。マップには、最新の研究に基づいた富士山の火山現象の予測が記される予定で、地元自治体が講じている現在の噴火防災対策は、大幅な見直しが必要になる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1507文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです