メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災なるほドリ

富士山の火山活動はどんな状態にある?=回答・野呂賢治

山頂、山腹両方の噴火を想定すべきだとされています

 なるほドリ 富士山はどんな噴火をしてきたの?

 記者 富士山は10万年ほど前に誕生しました。噴火と崩壊を繰り返し、現在の美しい円すい形になったとされます。直近の大規模噴火は1707年に発生した宝永噴火です。噴出したマグマ量は約7億立方メートルとされています。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文517文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです