メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

陸上 男子400リレー ぶっちぎり 金でも反省 お家芸、バトンで詰まった

陸上男子400メートルリレー決勝で日本の第2走者の多田修平(左)にバトンパスする第1走者の山県亮太=ジャカルタで2018年8月30日、宮間俊樹撮影

 (第13日・記録は共同など)

 陸上の男子400メートルリレー決勝で日本が38秒16で制し、1998年大会以来となる20年ぶりの金メダルに輝いた。2位のインドネシアに0秒61差をつけた。第1走者の山県亮太(セイコー)は「金メダルはうれしい。37秒台を狙っていたので、達成できなかったのは悔しい。バトンが全区間詰まってしまった」と反省も忘れなかった。

 第3走者の桐生祥秀(日本生命)がコーナーを曲がり終えた時点で勝負ありだった。トップでバトンを受けた…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです