メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

柔道 男子73キロ級 大野、延長制す

柔道男子73キロ級決勝で韓国の安昌林(左上)を攻める大野将平=ジャカルタで2018年8月30日、宮間俊樹撮影

 (第13日・記録は共同など)

 柔道の男子73キロ級があり、2016年リオデジャネイロ五輪同階級金メダルの大野将平(旭化成)が決勝で、昨年の世界選手権銅メダルの安昌林(韓国)に延長で優勢勝ちし、金メダルを獲得した。日本勢の同階級での優勝は14年仁川(韓国)大会で2連覇を果たした秋本啓之に続き、3大会連続となった。

 決勝は延長11分の熱戦。優勝を決めたのは大野が信条とする鮮やかな一本勝ちではなかった。微妙な判定で…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです