メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜・入院患者死亡

4人死亡で部屋移す 藤掛病院、重大性認識か

30日も入院中の90代男性が救急車で別の病院に転院した=岐阜市一番町のY&M藤掛第一病院前で2018年8月30日午後3時6分、高井瞳撮影

 岐阜市のY&M藤掛第一病院に入院していた高齢患者5人が相次いで死亡した問題で、病院側は26日夜~27日午前に4人が死亡した後、エアコンが故障した3、4階の部屋から他の患者をエアコンの利く部屋に移動させ始めていたことが、捜査関係者への取材で判明した。岐阜県警は、15時間で4人の死者が出たことで病院が事態の重大性を認識した可能性があるとみている。

 入院患者の83~85歳の男性3人と女性2人は、いずれも熱中症で死亡した疑いがある。病院側は死亡診断…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  2. 空き巣 インスタで標的決定 容疑で少年ら35人摘発 愛知県警
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです