メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領

司法長官、中間選挙まで? 与党反発に配慮か

 トランプ米大統領は30日、米ブルームバーグ通信のインタビューで、解任観測が出ていたセッションズ司法長官について、少なくとも11月の中間選挙まで留任させる考えを示した。中間選挙後の処遇はコメントしなかった。

 トランプ氏は、ロシア疑惑の捜査を監督できないセッションズ氏の解任を強く望んでいると報じられている。ただ与党共和党からは中間選挙までは控えるよう求める声が…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです