メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都

「手話スポーツ同盟」 バレーボールで交流

練習の合間の手話レッスン。この日は自分のポジションや得意技を手話で紹介した。右端の女性が山本真記子さん=京都市左京区の市障害者スポーツセンターで、2018年7月8日午後7時7分、国本ようこ撮影

 親指を立てて「ナイス!」、肩から体を手で斜め下に切る仕草で「仕方がない」--。プレーの合間に手話が交わされるのは、聴覚障害のある人と聞こえる人が共に参加する京都市内のバレーボールサークル「手話スポーツ同盟」だ。発起人の会社員の山本真記子さん(31)=同市=は現在約40人いるメンバーで定期的に通う唯一の聴覚障害者。一時は疎外感を強めたこともあったが、練習に手話レッスンを取り入れるなどし、聞こえる参加者とのコミュニケーションを図って障害への理解を広げてきた。【国本ようこ】

 サークルは2016年3月、中学でバレーボール部だった山本さんが「日ごろ運動する機会を持ちたい」と、…

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです