メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイク事故

パトカー追跡の高校生死亡 逃走中男かの通報

男子高校生がパトカーに追跡され、バイクで転倒した現場付近=大阪市西区で2018年8月31日午前9時11分、山崎一輝撮影

 30日午後9時25分ごろ、大阪市西区安治川1の市道で、大阪府警のパトカーに追跡されていたオートバイがバス停の支柱に衝突し、運転していた同市此花区の男子高校生(17)が頭を強く打つなどして間もなく死亡した。府警富田林署から逃走中の樋田淳也容疑者(30)に似た男を見たとの通報を受け、このバイクを追跡していた。バイクは盗難届が出ており、高校生は無免許だったという。

 府警港署によると、同日午後8時25分ごろ、大阪市港区の路上で「樋田容疑者とよく似た男がバイクで走っていた」と通行人の男性が通報。同署のパトカーが同9時20分ごろ、近くで不審なバイクを見つけたが、バイクはUターンして逃走した。

 パトカーがサイレンを鳴らして追跡すると、一方通行を逆走したり、信号無視をしたりした後、約2キロ先で右カーブを曲がりきれず、路肩のバス停に突っ込んだという。バイクは125CCのスクータータイプだった。

 現場近くの会社社長の男性(59)は「ドンという音を聞いて外に出たら歩道に男性が倒れ、バイクが30メートルほど先に転がっていた。数十人の警察官が集まり、何ごとかと思った」と驚いた様子だった。

 港署の新谷欣尚(よしひさ)副署長は「追跡行為は適正だったと考えておりますが、亡くなられたことは大変残念」とのコメントを出した。【伊藤遥、土田暁彦】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです