メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口県教委

児童にわいせつ行為 40代教諭を懲戒免

 山口県教委は30日、女子児童にキスするなどわいせつ行為をしたとして、県内の公立小学校の40代男性教諭を懲戒免職処分とした。児童が特定される可能性があるとして、教諭の氏名や勤務地域は公表していない。

     県教委によると男性教諭は、児童指導担当だった2016~17年、校内の相談室で特定の女子児童と2人きりになった際に抱き寄せるなど、わいせつな行為をした。17年11月30日にはキスをし、その後3回にわたって謝罪と女子児童への好意などを記した手紙を渡したとしている。教諭はこの児童の担任ではなかった。

     今年7月下旬、児童と保護者が担任に相談して発覚した。教諭は「被害者を心配する気持ちが高じて行為に至った」と釈明しているという。

     県内の公立校では昨年7月~今年1月、盗撮、わいせつ行為などで教諭計4人が懲戒免職となっている。県教委は30日、県内市町教委の担当者を集め「綱紀保持対策チーム緊急合同会議」を開き、再発防止の徹底を呼び掛けた。【祝部幹雄】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
    3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです