メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

茶畑で「一石二鳥以上の効果」 静岡の会社

茶畑に立つ流通サービス社長の服部吉明さん。頭上に並ぶのがソーラーパネル=静岡県菊川市で、古川幸奈撮影

 全国有数の茶どころ・静岡県の産地の一つ、菊川市の茶生産・販売会社「流通サービス」が茶葉栽培に使う設備を利用して太陽光発電に取り組んでいる。お茶だけでなく電気も生み出す「茶畑ソーラー」を「IoT」(モノのインターネット)と融合させ、将来は「全自動の茶畑」を実現させたい考えだ。

 今月上旬、同社社長の服部吉明さん(56)が菊川市倉沢で茶葉の生育状況を確認していた。耕作放棄地を再生した茶畑の上に、無数のソーラーパネルが取り付けられている。

 同市のような一大産地でも後継者不足などで耕作放棄地が目立つ。一方で、日本の緑茶輸出額は昨年、過去最…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文787文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです