メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モンスター銀河

活発に星生む様子 国立天文台など初観測

アルマ望遠鏡の観測結果を基に描いたモンスター銀河の想像図。白く光る部分に、星の材料となるガスが多く存在している=国立天文台提供

 地球から124億光年のかなたで、「モンスター銀河」と呼ばれる巨大な銀河が爆発的に星を生み出す様子を初めてとらえたと、国立天文台などの研究チームが30日付の英科学誌ネイチャーに発表した。誕生から十数億年の初期の宇宙で、巨大銀河がどのように作られたかを解明する手がかりになるという。

 モンスター銀河は、地球が属する天の川銀河の1000倍ものペースで星が生まれる巨大銀河。星の材料となるガスを大量に含み、周囲が濃いガスやちりに覆…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです