メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外広島がリーグ3連覇 9度目のV
全米テニス

大坂わずか50分で退ける「我慢強くプレー」

3回戦に進んだ大坂=AP

全米オープン第4日 女子シングルス2回戦(30日)

 左膝にテーピングを巻いたグルシュコは、まともに動ける状態ではなく、痛々しかった。そんな満身創痍(そうい)の相手を、大坂はわずか50分で退けた。

     最初のブレークチャンスは第1セット第6ゲーム。ラリー戦を避けようと勝負を焦ってミスを繰り返すグルシュコに対し、大坂はストロークで圧倒した。このゲームをブレークして相手の戦意を失わせると、第1セットの第5ゲームから10ゲームを連取して完勝。「最初は緊張したけど、2セット目からは集中できた」と笑顔で振り返った。

     序盤はベースライン付近からのショットをネットに掛けるミスが目立ち、リズムに乗るまでに時間がかかった。しかし、大坂は「我慢強くプレーはできた」と前向き。試合後の記者会見でも「(コーチの)サーシャの話す時間が長いので、忍耐力がついている」と笑わせる余裕もあった。

     次は、この大会で自身初の16強入りが懸かる。大坂は「自分自身に期待はあるが、重圧をかけるつもりはない」と平常心で挑む。【浅妻博之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
    2. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
    3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    5. 沖縄知事選 公明は佐喜真氏全面支援 支持母体・創価学会から反発も 4年前は自主投票

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです