メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎・鷹島

「元寇カプセル」開封 30年前埋設

30年ぶりに開封された元寇カプセル=長崎県松浦市鷹島町鷹島開発総合センターで2018年8月30日午前11時42分、綿貫洋撮影

 鎌倉時代の「元寇」で元軍が壊滅した島とされる長崎県松浦市鷹島町で30日、30年前に埋めた「元寇カプセル」が開封され、取り出したメッセージなどが公開された。

     旧鷹島町(2006年に合併)は、モンゴルとの交流を生かした町づくりの進展を祈って1988年10月18日にカプセルを埋設。開封日を2018年8月30日と定めていた。

     参加者は若かった頃の住民の写真や作文にくぎ付け。観光振興を誓う自身のメッセージを手にした元町長、宮本正則さん(87)は「町づくりはこれからも続く」と後進の活躍に期待。【綿貫洋】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
    5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです