メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記念貨幣

大型イベント目白押しで発行ラッシュ

政府が今年度発行する主な記念貨幣

 政府の記念貨幣が発行ラッシュとなっている。天皇陛下の在位30年や東京五輪・パラリンピックなど、大型イベントが目白押しのためだ。祝賀ムードを盛り上げる目的で発行される記念貨幣だが、発行による「利益」も見込まれ、財政難の国の収入増にも一役買いそうだ。

 記念貨幣は、皇室の慶事や、国際スポーツ大会の日本開催、国際空港の開港など大型イベントを記念して発売される。2018年度は、過去の出来事から数えて節目の年が重なることや東京五輪を控えていることもあり、記念貨幣の発行がなかった17年度から一転、4種類が発行される。財務省は既に小笠原諸島復帰50年を記念した1000円銀貨を発売したほか、8…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文730文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです