メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

嫡出否認合憲判断

女性会見「最高裁で救済勝ち取りたい」

 生まれた子との親子関係を否定する「嫡出否認」の権利を夫にだけ認めた民法の規定は、法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、神戸市内の女性らが国に計220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は30日、訴えを退けた1審・神戸地裁判決を支持し、女性側の控訴を棄却した。判決後に記者会見した女性は「合憲の判断は非常に残念」と話したが、「同じ境遇で苦しむ人たちが救済されるような判決を最高裁で勝ち取りたい」と言葉に力を込めた。

 女性の娘や孫は長期間にわたって戸籍がなく、就学時の通知を受けられなかったり、パスポートも取得できな…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです