メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もんじゅ廃炉

燃料1体取り出し 22年度までに530体

高速増殖原型炉もんじゅ=福井県敦賀市で2018年7月15日、本社ヘリから加古信志撮影

 日本原子力研究開発機構は30日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉に向けた核燃料の取り出し作業を始め、燃料プールから最初の燃料1体を取り出した。2022年度までに炉心と燃料プール内の計530体を取り出す。反応性が高い液体ナトリウムを冷却材に使う高速増殖炉の廃炉は国内初。原子力機構は当初7月中の作業開始を予定していたが、事前の点検・訓練中に機器の不具合が相次いで1カ月遅れた。廃炉完了まで約30年かかり、安全対策に厳しい目が注がれる中での船出となった。

 原子力機構の児玉敏雄理事長は同日午前9時、職員や協力会社の社員ら約550人を集め、「いよいよステッ…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文826文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです