メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

ボランティア有償も「お金に代え難い価値」

 毎日新聞社とインドネシアの最有力紙「コンパス」は、ジャカルタ・アジア大会において記事を交換した。コンパスからは大会で活躍するインドネシアのボランティアの人々に対する期待が寄稿された。毎日新聞社はコンパス社に東京本社運動部で現地取材班キャップの小林悠太記者が「アジア大会への期待」と題した記事を提供した。コンパスはインドネシアで1965年に創刊した。毎日新聞社は2014年からコンパス社と編集やデジタルメディアを含む包括提携を結び、ジャカルタ「絆」駅伝を共催している。

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1339文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです