メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

村田2度目の防衛戦相手にロブ・ブラント

2度目の防衛戦の相手が決まり、意気込みを話す世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太=東京都千代田区飯田橋のホテルグランドパレスで2018年8月30日午後1時18分、真下信幸撮影

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)が30日、東京都内で記者会見し、10月20日(日本時間21日)に米ネバダ州ラスベガスで、指名挑戦者の同級2位、ロブ・ブラント(米国)を相手に、2度目の防衛戦を行うと発表した。

     32歳の村田は27歳のブラントについて「攻守にまとまり、KO率も高い」と評し、「近い距離でもパンチを当てて相手を休ませないことが鍵」と攻略のイメージを語った。

     かねて対戦を希望する世界主要2団体の統一王者、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)を見据えた上で「今回をクリアすれば『誰とやりたい』と言える権利が生まれると思う。良い形で次につなげたい」と表情を引き締めた。

     村田の戦績は15戦14勝(11KO)1敗。ブラントは24戦23勝(16KO)1敗。【真下信幸】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
    2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
    4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
    5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです