メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

熱中症か 選手の棄権相次ぎ大会側が対策へ

ゲームの合間に顔に水をかけるバブリンカ=AP

 テニスの全米オープンで会場のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターの気温が40度近くにまで達し、大会第2日の28日には棄権する選手が相次いだ。暑さに苦しむ選手からは「コート上で死ぬのはゴメンだ」などと悲鳴が上がっており、大会側は対策に乗り出した。

 28日のニューヨークは、日中の気温が35度を超えて湿度も60%以上になり、コート上の体感気温はさらに上昇した。大会主催者は、夕方の時点で4人が途中棄権し、うち2人が熱中症関連で、さらに1人もその疑いがあると発表した。

 そのため猛暑対策の「エクストリーム・ヒート・ポリシー」を男子で初めて適用した。3セット制の女子では…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文633文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです