メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

陸上男子400リレーで20年ぶり金メダル

陸上男子400メートルリレー決勝で日本の第3走者の桐生祥秀(左)からバトンを受けるアンカーのケンブリッジ飛鳥=ジャカルタで2018年8月30日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ倉沢仁志】ジャカルタ・アジア大会は第13日の30日、陸上の男子400メートルリレー決勝があり、日本が38秒16で優勝した。1998年バンコク大会以来、20年ぶりの金メダルとなった。3連覇を狙った中国は38秒89で3位。2位は地元のインドネシアだった。

 日本は第1走者の山県亮太(26)=セイコー=から多田修平(22)=関学大、桐生祥秀(22)=日本生命=とつなぎ、アンカーのケンブリッジ飛鳥(25)=ナイキ=が直線で抜けだして独走したが、前回大会で中国が出した大会記録(37秒99)更新はならなかった。

 この種目で日本は2016年でリオデジャネイロ五輪銀メダル、17年ロンドン世界選手権で銅メダルを獲得しており、国際大会で3年連続のメダル獲得となった。20年東京五輪では初の金メダルを目標としている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです