メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

第1走者・山県回りながら加速「五輪へ弾み」

陸上男子400メートルリレー決勝で日本の第2走者の多田修平(左)にバトンパスする第1走者の山県亮太=ジャカルタで2018年8月30日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第13日の30日、陸上の男子400メートルリレー決勝があり日本が38秒16で、ライバル中国を0秒73差で破った。

 勢いをつけたのは、今大会の100メートル決勝で自己ベストタイの10秒00を出して銅メダルを獲得した山県亮太(セイコー)だ。26日の100メートル決勝から中2日だった前日の予選では「疲れが残っていて無理をしないように走った」と話していたが、決勝は全力でスタートダッシュを決めてチームを勢いに乗せた。

 山県は2012年ロンドン五輪から代表で第1走者を務めてきたスペシャリストだ。日本陸上競技連盟科学委…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです