メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

世界意識し壁破る 目指すは37秒前半

陸上男子400メートルリレー決勝、1位でフィニッシュする最終走者のケンブリッジ飛鳥=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月30日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第13日の30日に行われた陸上男子400メートルリレー決勝で、2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの日本が20年ぶりにアジア一の座に返り咲いた。「次は世界の頂点目指して頑張りたい」と第1走者の山県亮太(26)=セイコー。20年東京五輪に向け、アジアの壁を破った。

 リオ五輪では陸上のトラック種目で日本勢として88年ぶりの銀メダルを獲得したものの、優勝したジャマイ…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文798文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです