メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

勢いに乗れない阪神 「幻の同点劇」が象徴

 ○ヤクルト3-1阪神●(甲子園・30日)

 高代作戦兼総合コーチが「開いた口がふさがらない」とあきれた。「幻の同点劇」が勢いに乗れない阪神の苦しみを象徴していた。

 先制された直後の五回1死満塁。糸原が中飛を放った。犠飛には十分な飛距離で、三塁走者・鳥谷の悠々生還は確実だった。

 しかし、タッチアップした二塁走者の梅野が、鳥谷の生還前に三塁タッチアウ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです