メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
アジア大会

「バトンで詰まった」反省も 400リレーV

陸上男子400メートルリレー決勝で優勝し金メダルを手にする(左から)山県亮太、多田修平、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の日本選手たち=ジャカルタで2018年8月30日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会の第13日は30日、陸上の男子400メートルリレー決勝で日本が38秒16で制し、1998年大会以来となる20年ぶりの金メダルに輝いた。2位のインドネシアに0秒61差をつけた。第1走者の山県亮太(セイコー)は「金メダルはうれしい。37秒台を狙っていたので、達成できなかったのは悔しい。バトンが全区間詰まってしまった」と反省も忘れなかった。

 第3走者の桐生祥秀(日本生命)がコーナーを曲がり終えた時点で勝負ありだった。トップでバトンを受けたアンカーのケンブリッジ飛鳥(ナイキ)はさらに後続を大きく引き離しフィニッシュ。走り終えたケンブリッジに喜ぶそぶりはなかった。日本記録に0秒56及ばず「もっと速くスムーズにバトンをつなげられればよかった」と振り返った。

 今大会、100メートル決勝で自己記録タイの10秒00をマークし銅メダルを獲得した山県が流れをつくった。第2走者は大会前からキーマンに挙げられていた22歳の多田修平(関学大)。直近の2年間は飯塚翔太(ミズノ)が担ってきたポジションだった。土江寛裕コーチによれば「東京五輪へ向けて幅を広げたい」との戦略だった。

 多田は山県からバトンを受け取った時点でトップスピードに乗り、桐生へバトンを託したが「(バトンを受け取る際)半歩くらい歩数を伸ばしたが、それでも詰まってしまった」と悔やんだ。

 01年から採用したアンダーハンドパスは走る姿勢に近く、スピードに乗った状態でバトンパスができる特徴がある。今では日本選手の誰が出ても同じ受け渡しができるレベルに精度が高まった。「バトンパスがちょっと詰まったが、無事につながりタイムも出ている。選手の層の厚さを感じた」と桐生。世界と戦うためのお家芸に、さらに磨きをかける。【村上正】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです