メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

オリックス先発・山岡“完璧” 今季5勝目

 ○オリックス6-1日本ハム●(京セラドーム大阪・30日)

     迎えた2度目のピンチで、オリックス先発・山岡がギアを上げた。六回2死二塁。日本ハムの5番・レアードを高めのチェンジアップで空振り三振に仕留めた。7回途中1失点で今季5勝目を手にし、「何とか長い回を投げられて良かった」と表情を緩めた。

     一回に先頭打者を四球で出し、連打で早々に1点を失い、目が覚めた。早めの投球テンポに切り替え、球威のある直球に変化球を織り交ぜて的を絞らせない。福良監督も「二回以降はボールが走っていた。完璧」とうなる投球を披露した。

     今季は7月まで2勝10敗と調子が上がらず、8月から中継ぎに転向。だが、「点を取られてはいけない場面で、力の入れ方が分かった」と中継ぎでの経験がいきた。先発陣の故障が相次ぎ、同15日に再び先発に起用されると3連勝の活躍。苦しんだ右腕が、ようやく本来の投球を取り戻しつつある。【長田舞子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
    4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
    5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです