メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
アジア大会

新添が「金」 柔道女子70キロ級12年ぶり

 ジャカルタ・アジア大会は第13日の30日、柔道の女子70キロ級があり、22歳の新添左季(山梨学院大)が決勝で金省然(韓国)を降して金メダルを獲得した。日本勢の同階級での優勝は2006年ドーハ大会の上野雅恵以来12年ぶりとなった。

     伸び悩んでいた期待の若手が結果を出した。決勝で延長戦を制しての優勝に「接戦を勝ちきれて良かった」と笑顔を見せた。

     初戦と準決勝をいずれも課題にしていた寝技で一本勝ちを収め、勢いに乗った。決勝はスタミナ勝負になったが、最後は試合開始5分19秒で疲れを見せた金を得意の内股で豪快に跳ね上げた。

     16年リオデジャネイロ五輪後の11月の講道館杯、国際大会のグランドスラム東京で2連勝し、次世代の担い手に名乗りをあげた。その後は国際大会でも2位や3位が続き、勝負弱さも指摘された。内股が警戒され、かからなくてもそのまま寝技につなげるのが課題だった。試合でようやく形になり自信を得た。

     「試合に勝つことしかアピールできない」と結果が欲しかった大会。世界ランクの高い選手の出場は少なかったが、勢いを取り戻す優勝だ。【松本晃】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    2. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
    3. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
    4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
    5. 月刊相撲 おかみさん・リレーコラム 千賀ノ浦部屋・舛田奈緒子さん(58)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです