メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

火山 大規模噴火の防災対策に着手

政府の中央防災会議に有識者会議設置 

 政府は近く、中央防災会議の下に有識者会議を設置し、火山の大規模噴火に対する国としての具体的な防災対策に初めて着手する。まずは富士山をモデルケースとして、首都圏を襲う火山灰による影響や除灰方法を検討する方針だ。最新の推計では、江戸時代と同規模の噴火で都心に10センチ超の降灰も予想される。ただ、大規模噴火よりさらに頻度が低く、国を滅ぼしかねない「破局的噴火」の対策はめどが立っていない。

 富士山の大規模噴火として知られるのは、江戸時代の1707(宝永4)年12月に発生した「宝永噴火」だ…

この記事は有料記事です。

残り2340文字(全文2601文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです