メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

火山 大規模噴火の防災対策に着手

政府の中央防災会議に有識者会議設置 

 政府は近く、中央防災会議の下に有識者会議を設置し、火山の大規模噴火に対する国としての具体的な防災対策に初めて着手する。まずは富士山をモデルケースとして、首都圏を襲う火山灰による影響や除灰方法を検討する方針だ。最新の推計では、江戸時代と同規模の噴火で都心に10センチ超の降灰も予想される。ただ、大規模噴火よりさらに頻度が低く、国を滅ぼしかねない「破局的噴火」の対策はめどが立っていない。

 富士山の大規模噴火として知られるのは、江戸時代の1707(宝永4)年12月に発生した「宝永噴火」だ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです