メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

カワウ 23年度までに半減目指し対策強化

羽を大きく広げて乾かすカワウ=大津市内で2016年12月(本文とは関係 ありません)

ドローンで追い払い、巣にドライアイス投下

 アユやマスなどの魚を大量に食べるカワウの被害が問題になっている。一時は絶滅が危惧されたが1990年代から増え始め、漁業被害額は100億円を超える年もあったとの推計がある。水産庁と環境省は「被害を与えるカワウを23年度までに半減」するとの目標達成に向け、自治体や漁業団体とともに対策を強めている。ドローンを使った追い払いや、巣にドライアイス投下し卵を冷やして繁殖を防ぐなど、新手の手法を駆使している。

 水産庁などによると、カワウは1回に10メートル以上潜水する能力があり、水中で素早く魚を捕り、1日で…

この記事は有料記事です。

残り2305文字(全文2575文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです