メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城県職員による「『だて正夢』『金のいぶき』宮城の美味しさ売り込み隊」=仙台市で2018年7月24日

「米どころ宮城」の復権を目指す 「だて正夢」が本格デビュー

 宮城県は、江戸時代から米どころとして知られ、「ひとめぼれ」や「ササニシキ」という2大ブランド米を生み出し、良質なみやぎ米の産地として評価されてきた。しかし、全国各地が米の新たな品種を次々に市場に投入し、米のブランド化に火花を散らすいわば「お米の戦国時代」に突入し、首都圏の消費者にとって、「米どころ宮城」のイメージは薄れ、みやぎ米の認知度をどう向上させるかが課題となっている。

 県は2016年7月に、米の生産や流通などの関係団体で組織する「みやぎ米ブランド化戦略会議」を設立。…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」
  3. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  4. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  5. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです