メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城県職員による「『だて正夢』『金のいぶき』宮城の美味しさ売り込み隊」=仙台市で2018年7月24日

「米どころ宮城」の復権を目指す 「だて正夢」が本格デビュー

 宮城県は、江戸時代から米どころとして知られ、「ひとめぼれ」や「ササニシキ」という2大ブランド米を生み出し、良質なみやぎ米の産地として評価されてきた。しかし、全国各地が米の新たな品種を次々に市場に投入し、米のブランド化に火花を散らすいわば「お米の戦国時代」に突入し、首都圏の消費者にとって、「米どころ宮城」のイメージは薄れ、みやぎ米の認知度をどう向上させるかが課題となっている。

 県は2016年7月に、米の生産や流通などの関係団体で組織する「みやぎ米ブランド化戦略会議」を設立。…

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです