メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

桜美林大シンポジウム「オリ・パラの世界」

シンポジウム「オリンピック・パラリンピックの世界」のパネルディスカッションで語り合うパネリストの皆さん=東京都町田市の桜美林大学で2018年7月15日

個性を生かし交ざり合う社会づくりへ

 2020年東京オリンピック・パラリンピックを約2年後に控えた7月15日、桜美林大学が町田キャンパス(東京都町田市)でシンポジウム「オリンピック・パラリンピックの世界」を開いた。地元の町田、相模原両市に縁のあるパラスポーツ選手やスタッフらを招き、学生たちは自身のできることを考えた。「オリ・パラにどう向き合うか、方向性がなかなか定まらない」とする教育機関もあると聞く。これを一例として紹介したい。

 桜美林大は、オリ・パラ教育推進やグローバル人材の育成などを目指し、東京2020大会組織委と連携協定…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1386文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  2. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです