メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

513 民間宇宙船搭乗「ライト・ナイン」を発表 宇宙活動に新しい時代

 さる8月10日、米南部・テキサス州ヒューストンの米航空宇宙局(NASA)ジョンソン宇宙センターで、NASAのブライデンスタイン長官は、もうじき打ち上げられる民間宇宙船に搭乗(とうじょう)する候補である9人の宇宙飛行士を発表し紹介(しょうかい)しました(写真)。

 2011年に米国のスペースシャトルが引退して以降、国際宇宙ステーション(ISS)へ向かう宇宙飛行士の移動手段は、ロシアの宇宙船「ソユーズ」だけに限られています。米国政府は、今後は地球周辺への飛行はもっぱら民間で開発された宇宙船に任せ、政府機関であるNASAは、月・火星への有人飛行などリスクの高いミッションに集中する戦略を発表。そしてその呼びかけに応え、政府の審査(しんさ)にも合格した二つの会社--スペースX社とボーイング社--が開発している有人宇宙船が間もなくデビューします。

 まずスペースX社の有人宇宙船「クルー・ドラゴン」(図1)は、今年11月の無人試験飛行を経て、来年4…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1311文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです