メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ

大統領選控え緊迫 親露派指導者、爆発で死亡

ザハルチェンコ氏

 【モスクワ大前仁】ウクライナ東部で分離独立を目指す親露派組織は8月31日、中心都市ドネツクで爆発が起こり、同派指導者のアレクサンドル・ザハルチェンコ氏(42)が死亡したと明らかにした。後ろ盾となるロシアはウクライナ政府によるテロだと断定するが、ウクライナ政府は関与を否定しており、来年3月に迫ったウクライナ大統領選を控えて緊張が高まっている。

 親露派組織「ドネツク人民共和国」のサイトは、ドネツク中心部のカフェ「セパル」で31日午後(日本時間…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文435文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです