メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

イスラム教に配慮、好評 アルコール禁止、競技場に礼拝所 「選手安心できる大会」

ホッケー会場に設置されたイスラム教徒向けの礼拝所。手前は試合後に引き揚げるパキスタンの選手=ジャカルタで2018年8月30日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ武内彩】世界最多のイスラム教徒を抱えるインドネシアで開かれているジャカルタ・アジア大会では、イスラム教徒の各国・地域選手団やボランティアに配慮した大会運営が目を引く。選手村へのアルコール類の持ち込みも禁止されているほか、各競技場には礼拝所が併設され、選手やボランティアに歓迎されている。

 「選手はアジア大会に旅行に来ているわけじゃないし、アルコールフリーはインドネシアの伝統や習慣にも合っている」。選手村運営を担当する大会組織委員会のハリー・ワルガネガラ氏は、こう説明する。選手村では、イスラム教徒以外の選手もアルコール類は持ち込めず、ビール会社は大会公式スポンサーにもなれなかった。

 イスラム教の祝祭「犠牲祭」だった8月22日にも午前7時からの礼拝に合わせて競技の開始時間が変更され…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです