メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

イスラム教に配慮、好評 アルコール禁止、競技場に礼拝所 「選手安心できる大会」

ホッケー会場に設置されたイスラム教徒向けの礼拝所。手前は試合後に引き揚げるパキスタンの選手=ジャカルタで2018年8月30日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ武内彩】世界最多のイスラム教徒を抱えるインドネシアで開かれているジャカルタ・アジア大会では、イスラム教徒の各国・地域選手団やボランティアに配慮した大会運営が目を引く。選手村へのアルコール類の持ち込みも禁止されているほか、各競技場には礼拝所が併設され、選手やボランティアに歓迎されている。

 「選手はアジア大会に旅行に来ているわけじゃないし、アルコールフリーはインドネシアの伝統や習慣にも合っている」。選手村運営を担当する大会組織委員会のハリー・ワルガネガラ氏は、こう説明する。選手村では、イスラム教徒以外の選手もアルコール類は持ち込めず、ビール会社は大会公式スポンサーにもなれなかった。

 イスラム教の祝祭「犠牲祭」だった8月22日にも午前7時からの礼拝に合わせて競技の開始時間が変更され…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです