メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/245止 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

おわりに(3)

「こうして憎い敵だったアメリカにも旅行できたし、エリーさんと何度も話ができた。みんなタケシくんのお陰よ。おかしなことをいうようだけど、今もこのカフェのどこかで、茶色い目をして国民服を着た男の子がこっちを見てるんじゃないかって気がするのよ」

 エドワードが肩をすくめていった。

「ゴーストみたいなやつ? なんか怖いな」

「ちっとも怖くないよ。ついこの前まで生きていた人だもの。エリーさんのブラザーよ」

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです