メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/245止 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

おわりに(3)

「こうして憎い敵だったアメリカにも旅行できたし、エリーさんと何度も話ができた。みんなタケシくんのお陰よ。おかしなことをいうようだけど、今もこのカフェのどこかで、茶色い目をして国民服を着た男の子がこっちを見てるんじゃないかって気がするのよ」

 エドワードが肩をすくめていった。

「ゴーストみたいなやつ? なんか怖いな」

「ちっとも怖くないよ。ついこの前まで生きていた人だもの。エリーさんのブラザーよ」

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文986文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです