メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 広島市の高校生が被爆者の証言をもとに原爆投下時の市内の様子を描いた絵が、名古屋市名東区の「戦争と平和の資料館ピースあいち」で2日まで展示されている。

 作者は私の母校、広島市立基町高の生徒たち。指導教諭の橋本一貫さん(59)は「被爆者自身の描いた絵には及ばない」と話すが、その油絵はモノクロの記録写真から当時を想像していた私の…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです