メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

「現実否認」の危うさ

中村文則さん=名古屋市中村区で木葉健二撮影

 「差別発言を封じ込めることは、言論の自由を奪うこと」などの言及を見て、驚く。かなり有名な人までこれと似た文脈で物事を語っていたりもするから、どうも深刻である。

 被害者批判、も増えているように思う。「そうなったのは、あなたに落ち度があったからだ」というふうに。社会は基本的に安全で秩序だったものであってほしい、と人間は願う。それが行き過ぎると「現実否認」が起こる。

 世の中が悪いとは、思いたくないという心理。これは心理学で「公正世界仮説」といい、被害者批判はその典…

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1646文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです