メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

明日への課題 堤防切れ目から決壊 県内に381カ所、問われる管理体制 倉敷・真備 /岡山

堤防より低い場所を通る有井橋。ブルーシートで覆われた部分が堤防の決壊箇所=岡山県倉敷市真備町有井で、林田奈々撮影

 西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区では、川の堤防8カ所が決壊した。うち1カ所は、堤防の切れ目から水があふれたことが決壊の主な原因だった。切れ目部分に市が土のうを積もうとしたが間に合わず、決壊を防げなかったという。こうした堤防などの切れ目は、少なくとも県内に381カ所存在する。水害時の弱点になる可能性があり、管理体制が問われそうだ。【林田奈々】

 真備町有井の末政(すえまさ)川は、有井橋(市道)が横切る部分で堤防が一部途切れている。橋が堤防より…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1633文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. ロケ地カード 製作へ 宇都宮など北関東4市共同 /栃木
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです