メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

明日への課題 堤防切れ目から決壊 県内に381カ所、問われる管理体制 倉敷・真備 /岡山

堤防より低い場所を通る有井橋。ブルーシートで覆われた部分が堤防の決壊箇所=岡山県倉敷市真備町有井で、林田奈々撮影

 西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区では、川の堤防8カ所が決壊した。うち1カ所は、堤防の切れ目から水があふれたことが決壊の主な原因だった。切れ目部分に市が土のうを積もうとしたが間に合わず、決壊を防げなかったという。こうした堤防などの切れ目は、少なくとも県内に381カ所存在する。水害時の弱点になる可能性があり、管理体制が問われそうだ。【林田奈々】

 真備町有井の末政(すえまさ)川は、有井橋(市道)が横切る部分で堤防が一部途切れている。橋が堤防より…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1633文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです