メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍氏VS石破氏が確定 今回も野田氏出馬断念

 野田聖子総務相(57)は31日、国会内で記者会見し、自民党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)への立候補を断念したと表明した。出馬に必要な国会議員20人の推薦人を確保できなかった。3選を目指す安倍晋三首相(63)と、石破茂元幹事長(61)の一騎打ちとなる構図が確定した。

 野田氏は会見で「多くの方々からご支援をいただいたが、断念することにした」と語った。2015年総裁選に続く断念で「今回も私の力不足だ」と述べた。閣僚でもあり今後は首相支持に回る意向だが、会見では「出馬を断念したばかりだ。地元に戻って報告し、決めさせていただきたい」と述べるにとどめた。

 野田氏は「私は自民党の女性衆院議員で当選回数が一番多い。総裁選で女性候補者が常に出てくる環境整備を…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文771文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです