メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

離婚夫婦の子

親権者のみで引き渡し 同居親不在でも 法制審案

民事執行法に新設されるルール

 法制審議会(法相の諮問機関)の民事執行法部会は31日、離婚した国内の夫婦間で子を引き渡す際のルールを同法に明記するとともに、国境を越えた子の連れ去り防止を定めた「ハーグ条約」の国内実施法を見直す改正要綱案をとりまとめた。いずれも子の心身の負担に配慮しつつ、離婚を巡る司法判断の実効性を確保するなどの狙いがある。10月の法制審総会で法相に答申し、法務省は早期の改正法案の国会提出を目指す。

 国内の夫婦の場合、離婚を巡る裁判などで親権を失った親が、親権を持った片方の親に子を返さないといった…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文964文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです