メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

運輸安全委なぜ事故調査? 原因探り再発防止 警察は責任追及=回答・花牟礼紀仁

墜落した機体を調べる運輸安全委員会の調査官ら=群馬県大泉町で2016年10月11日

 なるほドリ 8月に群馬県の防災ヘリコプターが墜落して9人が亡くなったね。飛行機や電車の事故で、警察以外に調べる機関はあるの?

 記者 運輸安全委員会(うんゆあんぜんいいんかい)があります。航空機や鉄道、船舶(せんぱく)の事故や重大インシデント(事故につながりかねない事態)が起きた際、その原因について調査し報告書をまとめます。以前は「航空・鉄道事故調査委員会」(事故調)という国土交通省の審議会でしたが、海難審判庁(かいなんしんぱんちょう)の一部と事故調を合わせて2008年10月に発足しました。今年10月で10年を迎えます。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです