メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

脱グローバリズムに向かう農業=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 際限のないグローバリズムに限界が見え始めた。世界貿易機関(WTO)体制がスタートした1995年に5・1兆ドルだった世界貿易額は、2014年には19兆ドルと4倍近くに拡大した。しかし15年以降は16兆ドル前後で頭打ちとなり、貿易増加率が世界経済成長率を下回る「スロー・トレード」の状態にある。

 安価な資源、エネルギー、食料を前提に、ひたすら成長を目指してきたグローバル化の時代は終わりつつある。いまや世界は、無限の自然を前提にした無限の発展を見直し、持続可能な経済への転換を模索し始めた。この潮流変化を見誤ってはならない。

 日本の農業も脱グローバリズムが必要だ。目指すはよそに依存することなく、地域に根差した経済への転換で…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  4. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです