メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東大震災

95年 虐殺事件思う在日朝鮮人、認め合える社会願う

金道任さんの伯父は関東大震災の直後に消息を絶った。その経緯は大震災の70年後にまとめられた本にも収録された=東京都大田区で2018年8月28日午後5時13分、森健太郎撮影

 関東大震災から1日で95年。震災直後には多くの朝鮮人が「井戸に毒を入れた」などというデマを信じた住民らに虐殺された。東京都の小池百合子知事は、今年も虐殺犠牲者の追悼文を出すのを拒んだ。戦後、自身も虐殺事件の影におびえた在日朝鮮人2世の女性は「歴史と向き合い、互いに認め合える社会を作ってほしい」と願う。【森健太郎】

 確か5歳の頃だった。大田区の主婦、金道任(キムドイム)さん(81)は、夜中に針仕事をする母から伯父…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1154文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです