メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 深浦康市九段-羽生善治竜王 第8局の7

羽生辛勝、深浦連敗

 ともに1分将棋になっている。後手玉は裸同然ながら先手は兵力不足。図で、[先]3二と右なら詰めろだが、[後]4五金[先]同歩[後]5三玉で寄るのかどうか、即断はできない。

 深浦は秒読みの声にせき立てられて、[先]6四角と切った。冒頭にも触れた通り、利き腕を負傷した深浦は、朝から左手指しを続けている。不用意に右腕を動かすと痛みが走るのか、ときおり顔をしかめる。

 [後]同香に[先]7五桂は分かりやすい詰めろ。しかし、なりふり構わず[後]8一角と受けられ、後続が…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文786文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです