メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 今年1月、第1回大藪春彦新人賞に選ばれた赤松利市さんは61歳(当時)で住所不定、無職。ホームレスの経験もあるという経歴が目をひいた。その赤松さんが底辺の人間を描いて最初こそおとぎ話のような読み心地を漂わせながら、虚無に突き落とす透徹したノワール小説をひっさげて単行本デビューした。タイトルを『鯖(さば)』(徳間書店)という。

 和歌山・雑賀崎(さいかざき)を出自とする一本釣り漁師船団がいた。かつては栄えた船団も65歳の船頭を…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文851文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです