メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

ホッケー さくら、初の女王 耐えて満開 世界の視点、実を結ぶ

【日本-インド】優勝し金メダルを手に喜ぶ日本の選手たち=ジャカルタで2018年8月31日、宮間俊樹撮影

 (第14日・記録は共同など)

 ホッケー女子は、世界ランキング14位の日本は同9位のインドを2-1で降して、悲願の初優勝を果たした。

 勝利を告げるブザーが鳴ると、桜色のユニホームの選手たちはコート上で抱き合った。表彰台の上でつないだ手を高く上げ、満面の笑みで金メダルを首にかけた。過去は準優勝が3度。主将の内藤は「金メダルを取れたことは大きな意味がある」と誇らしげだった。

 日本は第1クオーターで、ペナルティーコーナー(PC)から清水が先制。第2クオーターに同点とされたが…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです