メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

柔道 女子78キロ超級 高3素根、希望の金

柔道女子78キロ超級決勝で優勝した素根輝(手前)=ジャカルタで2018年8月31日、宮間俊樹撮影

 (第14日・記録は共同など)

 女子78キロ超級は素根輝(あきら)=福岡・南筑高=が決勝で昨年の世界選手権3位の金〓程(韓国)に優勢勝ちし、金メダルを獲得した。日本勢の高校生での優勝は1994年広島大会無差別級の阿武教子以来24年ぶり。

 高校3年、18歳の期待のホープが最近の勢いそのままに、アジアの頂点まで駆け上がった。決勝は身長で21センチ上回る相手に一歩も引かなかった。「思い切りやろうと思った」と何度も背負い投げを掛け続けた。延長に入ったばかりの4分27秒、疲れを見せた相手のすきを見逃さなかった。右足を刈るフェイントを入れ、背負い投げで畳に背中をつかせた。身長が低い分、外国人対策で練習を繰り返してきた成果が生きた。

 直接対決で4月の全日本選手権と全日本選抜体重別選手権で昨年の世界選手権準優勝の朝比奈沙羅(パーク2…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1124文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです