メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

横審稽古総見 稀勢、収穫と課題 力強い突き押し/腰からバッタリ

横綱審議委員会の稽古総見で稽古する稀勢の里(左)と鶴竜=東京・両国国技館の相撲教習所で2018年8月31日、丸山博撮影

 大相撲秋場所(9日初日、東京・両国国技館)を前に横綱審議委員会の稽古(けいこ)総見が31日、同館で行われた。8場所連続休場中の横綱・稀勢の里は、横綱・鶴竜や豪栄道、栃ノ心の両大関と計8番取り、再起に向け収穫と課題が出た。

 4番を取った豪栄道には最初、右上手が取れずに後退して土俵を割った。だが、動きの中で顔を張られると一転して押し相…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです