メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

安心のために/4 子育てリスク予防 出産前からチームが支援

埼玉県和光市内の子育て世代包括支援センターで話をする女性(手前)とケアマネジャー=和光市内で2018年8月8日、山寺香撮影

 8月上旬のある日。埼玉県和光市の会社員の女性(35)がケアマネジャーの女性とお茶を飲みながら向かい合っていた。そこは、「子育て世代包括支援センター」。市の子育て支援の拠点だ。

 「息子が中耳炎になっちゃって」。女性の言葉にケアマネは「保育園に預けられないけど仕事を休めない時は、手助けしてくれる人はいるの?」と何気なく応じた。ちょっとした言葉の中に支援の必要性がないか、注意深く耳を傾ける。

 長男(2)出産時の大量出血で女性は難病を発症。「育てていけるだろうか」と不安に押しつぶされそうだっ…

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1352文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです