メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

パワハラ、主張対立 塚原夫妻、意図否定/宮川選手「高圧的」

宮川選手と塚原氏側の主な主張

 体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(18)がパワーハラスメント被害を訴えた問題で、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長と夫の光男副会長は31日、宮川選手に文書で謝罪したうえで、パワハラの意図はなかったと釈明した。双方の主張の隔たりは大きく、真相解明は日本協会が設置する第三者委員会に委ねられる。

この記事は有料記事です。

残り1301文字(全文1462文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです